精神薬副作用

子供や妊婦にとっての精神薬の副作用

近年では、子供であっても精神安定剤を服用しているケースが増えています。もちろん、正式には安全と認められていませんし、医師も処方する事はないはずです。しかし、眠れない事やチックなどに苦しんでいる子供を見ていると飲ませてあげたくなるのも親心です。ですがここで問題になってくるのが精神安定剤による副作用です。若い頃から精神安定剤を大量に飲んでしまっていたり、長い間服用していることによって、子供に危険な副作用が及ぶのではないかと心配しているご両親も多いかと思います。結論から言ってしまうと、どのような精神安定剤であっても、副作用は存在します。薬となりますので副作用はあるのです。その部分をしっかり理解した上で、子供に与えていくのが親の務めとなります。これはデリケートな時期の妊婦においても同様のこととなります。服用は危険とされています。一度飲み始めてしまうと急に精神安定剤の副作用が子供にとって危険だからと言って、薬を取り上げてしまうのも問題です。精神安定剤は、心の安定を保つためにとても重要な役割を担っているからです。頭痛薬などであっても、耐性ができてしまい効かなくなってしまうからといって飲むのやめてしまったり、頭痛を我慢していたりすると、その痛みで感じる精神的な負担の方がストレスになってしまい体を痛めつけてしまうということになります。そういったストレスは、さらに頭痛を生み出してしまうかもしれません。こういった悪循環を断ち切るために、薬で症状を緩和し、その間に治療すると言った方法が基本になります。なので一緒に行くとすぐに痛み止めを出してくれるわけですね。ですがどのような薬に対しても副作用は存在します。その薬を解くのが子供であってはなおさら危険です。しっかりとその副作用の内容を理解した上で、食べ合わせや飲むタイミング、体力なども考慮して与えていくことが重要です。あまりにも長い間精神安定剤を服用することは依存性ができてしまうかもしれません。特に子供の場合、思春期と言う微妙な時期になりますから、何か1つ頼れるものができてしまうとそれに完全に依存してしまう可能性も考えられます。恋愛などにおいても依存性はとても大きくなるのがこの思春期の時期ですので、軽い精神安定剤だからと言って軽く考えてしまうのはよくありません。こういった精神安定剤の依存性は約3週間から4週間、の間で形成されるとされています。もちろん飲んでいる精神安定剤の種類によってその依存性は変わってきます。一般的に処方されているセルシンや、デパスなどは、比較的依存性は形成されにくいとされていますが、それでも長い間飲んでいると必ずそれに頼ってしまうと言う精神的な依存性が現れるとされています。近年では、こういった精神安定剤に変わる健康食品なども発売されています。子供や高齢者に長い間精神安定剤を服用させることが心配だと言う方にはとても良い商品なのではないでしょうか。あくまで食品と言うことになるので、副作用は全くありません。どのような食べ合わせで食べても問題がないので皆さん安心して利用しているようです。しかしながら、あくまで食品となるので精神安定度に即効性は無いようです。薬は副作用と引き換えに即効性が感じられるところがメリットですが、こういった食品は副作用がない代わりにある程度の期間飲みながら健康を目指すといった認識がとても重要になってくるのではないでしょうか。最近子供が精神安定剤を飲みだして副作用が気になっていると言うことを私には知っておいて欲しい情報かと思います。厚生労働省などで認可されている食品もあります。大人であっても夜眠れないと言うのはとてもつらいものです。子供においては特にまだまだ世界に対する視野が小さいので簡単に眠れなくなってしまうことも多いかもしれません。さらに眠れなくなってしまうと言う事は、ニキビや吹き出物の形になってしまうこともあります。こういったことが長く続くと外に出るのが嫌になってきたり、健康で悪乗り常に体がだるいといった慢性疲労症候群に似た症状に悩むことになるかもしれません。子供だからといって後子供だからこそ精神安定剤の副作用に対する認識はかなりシビアにしておかなくてはならないのではないでしょうか。そういった意味では健康食品を早いうちから代用品として利用しておくのも良いかもしれません。健康食品に依存するのであれば副作用がないのでむしろ健康になっていくので良いかもしれませんね。